404

葬儀費用は年々減少傾向にあるようですが、思わぬ盛大な葬儀になってしまって、葬儀費用が予算を超えてしまった、見積もり以上の金額が請求された等のトラブルの報告が今でもあるようです。
最後の孝行だからと高額な祭壇を勧められたり、いつの間にか広告とは違う高額なプランになっていたり、トラブルが起きやすいのが葬儀費用です。
また、費用を抑えたいからと密葬や火葬式のみの直葬にしたら、親戚中の怒りをかってしまったと言うケースもあります。
このケースの場合、結果的にきちんとした葬儀をすることになり、追加で100万円以上の出費になってしまったので、普通の葬儀をしたよりずっと費用がかかってしまいました。
これらの予算オーバーやトラブルを防ぐためには、葬儀社とは綿密な打ち合わせをし、正確な見積もりを出してもらって「これ以上はかけられない」というはっきりとした態度を取ることです。
小さなお葬式をする場合は、生前に親類と相談するなど、葬儀をあげる本人の意志をきちんと伝えておく事で、当日のトラブルを防ぐようにしましょう。

葬儀費用の全国平均額は199万円前後と言われています。香典収入を考慮しても、遺族が支払う金額は100万円はかかってしまう場合も。
小さなお葬式をして予算を抑えたとしても、会葬者が少ないために、この香典収入がなく、遺族、親族の持ち出しで行うことになります。出来る限り費用を抑えたい、でもみんなが納得する葬儀を行いたい。
そう考えたら、削れる費用を見直してみましょう。祭壇や柩のランク、通夜振る舞いなどの飲食費用、返礼品などが削れる費用と考えられます。
業者の言うがままに豪華な祭壇をしつらえ、高級な柩や骨壺を使い、盛大に飲食費用をかけ、返礼品も最高級を。こんな事をしていたら、費用は天井知らずです。
葬祭場ではなく、菩提寺で葬儀をするという方法もあります。本来お寺には葬儀用の祭壇が用意されています。
檀家のお葬式をお寺でするのを嫌がる僧侶は少ないでしょうから、葬儀社とお寺と双方に相談してみるといいでしょう。祭壇費用を見直すだけでも、葬儀費用は大幅に抑えられます。